ニッティングバード

ニット専門のウェブマガジン

あむかわアミーナで学ぶ編み機のこと

以前の記事「編み機の歴史とこれから」でも少し紹介した初めての手芸を楽しく学ぶおもちゃのひとつとして、昨年11月にタカラトミーから発売された「あむかわアミーナ」プラスチック製のおもちゃでありながら、本格的な編み機の構造になっています。 amazonのレビューなどは評価が著しく悪いですが、何故そうなっているのか。果たして本当に使いづらいのか。私たちプロの目線から家庭用の編み機との比較も交えつつ、「あむかわアミーナ」を分析していきたいと思います。後日、ニットテキスタイルアーティスト/家庭用編み機研究家の宮田明日鹿さんにも、客観的に検証するために記事を執筆いただいているので、楽しみにお待...

すてきにハンドメイド2017年3月号

本日2017年2月21日発売の「すてきにハンドメイド2017年3月号」ニッティングバードの田沼の「ザクザク編みのルームシューズ」作品が載っています。ザクザク編みのルームシューズ 今回は極太糸を使い「細編み」、「バック細編み」と「引き抜き編み」の基礎的な編み方でルームシューズを編んでいきます。 足の底部分の「細編み」「バック細編み」の回数を調整するだけで子供から~大人の男性サイズにあった大きさに調整できますので家族みんなの分も作ってみてもいいかもですね。使用している糸 「DMC Hoooked RIBBONXLフックドゥ リボンXL」を使って基本作品を「ダルマ糸 夢色木...

強撚糸の世界

手編みではあまり聞くことのない「強撚糸(きょうねんし)」ですが、「機械編み」や「織物」の世界ではよく使われます。編み立てをしてスワッチを作ってゲージを取ってから→サイズ通りぴったりと作るのが普通の作り方ですが、「強撚糸」は狙って作ることが難しく、半分偶発的にデザインをすることが出来るのが特徴です。「意図的なもの」と「偶発的なもの」両方を知ることで「ニットのデザイン」の幅が広がります。強撚糸ってなに? まず「撚糸」についてわからない方は過去記事→「撚糸について」を参照してから続きを読むと理解しやすくなります。強撚糸は糸に必要な撚り(ねじり)を、S方向もしくはZ方...

大切な人の形見のセーターの編み直しを巡る旅

ある時、千葉県在住のMさんから「ニットのお修理をして欲しい」とのお問い合わせが来ました。私たちニッティングバードは手編みから機械編みもやります、また糸からデザインをして製品を作ることも出来ます。しかし、ニットのプロであるとはいえ「お修理」とはなると話は別です。本業ではありませんが、ほとんどのお修理屋さんで断わられてニッティングバードにご依頼がきました。私たちがやらなければおそらくはこれは誰も出来ないだろうという理由と「ニットで世界をやさしく」というコンセプトを掲げている身として引き受けさせていただきました。ここからお修理の旅が始まります。...

アームニッティング 編み方の基本と応用 

アームニッティング(腕編み)は道具を一切使わず、糸と左右の腕全体を使ってスポーツのように編み進めていく「編み物」です。アームニッティングは超極太の糸で編むので、1目1段が速く初心者も始めやすいという側面もあれば、編み目が大きいということもあり「編み物経験者」が再度「編み構造を理解」することもできると思います。今回は「アームニッティングの基本と応用」として、初心者にも始めやすい編み方や、編み物を普段やっている人も応用や編み構造の確認ができるように写真と動画でまとめました。記事と一緒に動画を見ていただけたらより理解を深めていただけると思います。手編みとの違い...

ニッティングバードインターン募集

明けましておめでとうございます。 旧年中はいろいろとお世話になりました。 本年は酉年とのことでますます羽ばたいて行きたいと思いますのでよろしくお願い申し上げます。ニッティングバードでは2017年3月よりインターンを募集します。 応募締め切りは1月末まで。 募集要項・デザイン・企画業務(1名) ニッティングバードの糸や製品の製作アシスタント。 編み物経験者。ある程度棒針編みやかぎ針編みが出来る人。 布帛しか勉強していない人や、ニットの知識がない人でも、手先の器用さを重視します。・メディア企画・コンテンツ制作業務(1名) ニッティングバードが運営するウェ...

家庭用編み機の歴史とこれから

今回の記事はニット、テキスタイルアーティスト/家庭用編み機研究家の宮田明日鹿さんと一緒に「編み機についてもっと知ってもらいたい、編み機を復活させたい」と話していたことから協力して記事を書いてもらい、最後に私たちニッティングバードが編集に携わりました。宮田さんは家庭用編み機を使い始めてはや5年。編み機の歴史や新しい変化、どんな過去があって今はどんな状況なのか、時代とともに変化する家庭用編み機の楽しみ方を研究家としての目線も含めご紹介して行きます。●家庭用編み機ってなに? みなさん家庭用編み機をご存知ですか?家庭用横編み機は略して「家庭機」と呼ばれています。 祖母や母親が使っていて...

未来の編み物を考える「ゲーム編」

「編み物」はいつまでもアナログなもので、様々な分野でデジタル化が進む中、必ず残る文化だと思います。また、それと同時に新しいテクノロジーと編み物が合わさったらもっと「編み物業界」が盛り上がり編み物を始める人が増えるのではないのかなという仮説をもとに、ニッティングバードが考える「未来の編み物ーゲーム編ー」として「VRニッティング」を考えてみました。VR ニッティングとは?VRはヴァーチャルリアリティの略で、ヘッドセットを装着することでよりリアルな画質と360度全方向で3D空間が楽しめるシステムのことです。 2016年10月にソニーが発表したプレイステーションVRは記憶...

ホールガーメントについて

ホールガーメントとは?従来のセーターは前身頃、後ろ身頃、両袖、襟の5パーツに編んだパーツを縫製してセーターの形を作っています。1回の編み立てで、縫製箇所がなく製品が編み上がる事を無縫製と呼びます。島精機製作所では、筒型に編成している事から無法製で編める編み機自体の名前とその編み機で編まれた製品を「ホールガーメント」と呼んでいます。 「ホールガーメント」及び「WHOLEGARMENT」は株式会社島精機製作所の登録商標です。1995年に7GG天竺ホールガーメント機が、1999年には12GGリブホールガーメント機が発売されました。 年々技術が向上しスピードもが上...

伸縮式両かぎアフガン「メイビ針」

●メイビ針とは?●「メイビ針」は堀江明美さんが考案した、左右の針が異なる大きさの伸縮式両かぎ(ダブルフック)アフガン針です。 メイビ針で編むことを「メイビ編み」と呼び、棒編み・カギ針編み・アフガン編みに含まれない新しい編み方の一つとして提案されています。「メイビ針」は実用新案を取得した針の一つとして注目されています。●メイビ針の特徴●写真上がメイビ針で下が両かぎアフガン針です。 メイビ針は両フックアフガンと同じで棒針とかぎ針を合体させたような独特な針に、両端にフックを備えていますので1本の針で輪編みをすることも出来ます。普通の両かぎアフガン針とは違い、左右の...

Let’s AMO! proefニットのワークショップ@HOSHI-JIRUSHI(ススマルシェ)

proef(プロエフ)のニットプロジェクト「AMO(アモ)」の手編みのニットワークショップを2016年10月1日(土)10月2日(日)にススマルシェで行いました。「AMO(アモ)」とは「編み物をする楽しさ、ニット製品を身につける楽しさの距離をより近づける事」を目的としたプロジェクトです。ワークショップのレビュー 中津ススマルシェのワークショップに参加していただきありがとうございました。今回も楽しい出会いがあり、茨城県から来ていただいた方や、小学生の子供たちも楽しく編み物していました。1/0.08番手という超極太のスライバー糸「WAKU WAKU」を...