ニッティングバード

ニット専門のウェブマガジン

レポート/うめだ阪急本店10F shovelワークショップ

2018年1月20日21日に開催された「うめだ阪急本店10F shovel」でのワークショップは昨年11月に引き続きたくさんのお客様に足を運んでいただきました。 超極太糸わくわくで作るアームニッティング(腕編み)のスヌードマフラーは、今月号のtocotoco(トコトコ)2018年2月号の表紙を飾っているおかげで、本を見たというお客様に沢山きていただきました。 今回は男性の方も初心者の方も沢山ご参加いただきそれぞれ思い思いに腕編みを楽しんでましたね。 親子で参加してくれた方々もおられました。 ...

「つむぐ、あむ、つなぐ」@熊本nid

1月になり、寒さもいっそう厳しく感じるようになってきましたね。 そんな季節を あたたかく楽しめるイベントのお知らせです。 「つむぐ、あむ、つなぐ」 糸をつむぎ、あみ、つなぐ。 ぬくもりのある冬の「編む」アイテムがnidに届きます。 冬もさらに深まり、温かいものが恋しくなるこの季節。 寒い時期のお気に入りが見つかる9日間!   ぜひ、楽しみにお越しくださいませ。 ----- 〔出展者〕 Knittingbird/オリジナル毛糸・小物 teori_works/裂き編みバッグ meek./ヘアバンド・小物 宝島染工/草木染めのニット...

レポート/@福井ataW(アタウ)

2018年1月13日14日におこなわれる予定でした、福井ataWのでの手編みのワークショップですが。積雪の影響で、27日28日延期になりました。 延期になったにもかかわらず、ほとんどの予約が満員でお足元悪い中ataWまで駆けつけていただきありがとうございました。 福井県に来るのは実はこれが初めてでしたが、福井という土地、またataWのお店も素敵な空間で、また行きたいという思いにかられました。今度は雪の影響のない春か夏にもお邪魔したいです。 ...

超極太毛糸「わくわく」で作る大判ブランケット/アームニッティング(腕編み)での編み方を解説

使用糸 アームニッティング専用超極太毛糸「わくわく」6玉「8色展開オンラインショップでの購入はこちらから。」 18目29段 横110c縦140c 前回は超極太オリジナルスライバー糸「わくわく」を1玉使い、30分ほどで作れるスヌードやマフラーの動画をアップしました。 今回は贅沢にも「6玉」使用して大判のブランケットを作っていきます。4玉前後でも小ぶりのブランケットは作れますので、この動画を参考に目数を調整して挑戦してください。 腕にループ(編み目)を編んで入れていく普通の「アームニッティング」とは違い、今回は編み目を下(地面)に置いて編んでいき...

手編みと腕編みのワークショップ@梅田阪急10Fスーク

気温も一気に下がり冬らしい気候は編み物にうってつけの気温ではないでしょうか。 2017年の11月29日から5日まで阪急うめだ本店10Fスークで行われる催事「アクシデント」に参加します。 普段実店舗を持たないニッティングバードなので、珍しいオリジナル糸を手で触っていただける貴重な機会です。 2日3日はワークショップも行いますので是非お誘い合わせの上お越しください。 超極太オリジナルスライバー糸「わくわく」を使ってアームニッティング(腕あみ)で作る「マフラーとスヌード」のワークショップ 2017年12月2日(土)  11:00〜(定員3名)  15:30~(定...

ユニバーサルかぎ針「あみ〜ちぇ」

かぎ針を持つ手が使えなくなってしまった。年をとって細い編み針を握ることが出来なくなってしまった。そんな声に応えて、ユニーバサルかぎ針「Amiche・あみ〜ちぇ」は手先に力が入らないなど手先の動きに不安のある方も編み物を楽しんでいただけるように開発された特殊なかぎ針です。 元看護師であり手編み講師の開発者「平田のぶ子」さんにお会いして詳しいお話を聞いて来ました。なぜ「ユニバーサル」というネーミングなのか。「専業主婦であった平田さん」が、かぎ針を自ら開発し社会貢献につなげる活動をするきっかけは?平田さんのかぎ針開発秘話に迫ります。 まずはじめに平田さんのご経歴と現在やっているこ...

ニットパーティー vol.2@イロリムラ2017年10月7日

2017年7月に関目のニッティングバードのアトリエを解放して開催した「ニットパーティー vol.1」 第二回は場所を中崎町イロリムラに変えて、「みんなで編み物を楽しむ日」として自由に参加出来るイベントを開催いたします。 ニットパーティーって何? 編み物は普通は「一人で黙々とやるもの」です。 海外では編み物が文化の一つになっているので「ニットアウト」や「KAL(カル)」など、様々な方法で一緒に編む時間を共有するイベントが開催されています。 ニッティングバードではそんな場所と時間を提供して、編み物初心者さんも編み物上級者さんもふらっと寄って...

ニット専門のお直し屋さん「ニットキュア」

東京足立区にアトリエを構えるニットの治療院「ニットキュア」にお邪魔してきました。ニッティングバードも過去にいくつか編み物のお直しについて紹介してきましたが、今回はニット専門のプロが行うお直し。期待を胸にお直しの極意と代表の植木さんのライフスタイルに迫っていきます。 ニットキュアを立ち上げた経由と、なぜ「お直し」の仕事に行き着いたのか教えてください。 -高卒でバイトを転々としていて、北海道に出稼ぎに行ったり、知り合った友達がいる沖縄の方でも働いていました。そもそも暮らすのに、東京での暮らししか知らなかったので地方での暮らしに興味がありました。そんな生活をしている時に、食費と住むところ...

普段「編み物」で使っている糸は何の動物の毛から? 獣毛繊維に学ぶ、種類と特性

一部の子どもが「魚は切り身のまま泳いでいる」と思っているような都市伝説を聞いたことありますか? これはあながち嘘でもなく、魚がどのような形をしていて泳いでいるのか知る機会がない子ども達も少なからずいるということです。 ましてや大人の私たちも、鳥や豚や牛などの切り身のお肉も経験則で学びます。しかしながら、お刺身の盛り合わせを食べる時に、これはどの魚なのかパッと答えれる人は少ないでしょう。 普段着ている服や編み物や織り物に使っている糸がどんな『動物の毛』を使っているのか改めて考えてみると、感謝の気持ちとともに、モノを作ることに対して一段と身が引き締まるのではないのでしょうか。 今回...

ジャカードとインターシャ

手編みでも機械編みでもよく使う編み込み模様の「ジャカード」や「インターシャ」という専門用語は知っていますか? 名前の意味だけでなく、それぞれの編み地の厚みや、編み方の特性を掴むことで「ニットデザイナー」も「編み物をしている人も」よりデザインの幅を広げられます。今回はジャカードの種類からインターシャとの違いを丁寧に説明していきます。 *ジャガードと間違って呼ばれますが正式名称はジャカードです。これはRadioがレディオでなくラジオと日本語として呼びやすいように変形して言ったのと同じ理由だと推測しています。 ●シングルジャカード● 手編み○家庭機○手横△工業機○ ...

スマイルニット倶楽部『ニット男子部』

World Wide Knit in Public Day(ワールド・ワイド・ニット・イン・パブリック・デイ)って知っていますか? 略してWWKIPDAYは2005年からDanielle Landesさんによって始まった、公共の場で編み物を楽しむ日。この日は世界中の至るところで、編み物イベントが開かれ、『編み物』を通して交流の場が開かれています。 今回は「スマイルニット倶楽部ニット男子部」が主催するKIPイベントにお邪魔してきました。 普段から屋外で編み物をする「ニットアウト」などパブリックスペースで編み物をしているニット男子部の始まったきっかけや、編み物に対する想いなど共有してきました...