ニッティングバード

ニット専門のウェブマガジン

針立てについて

「針立て」について話したいと思います。   針立てとは、機械編み(工業機、手横、家庭機)における「編むために必要な針の配置」のことで、前後ベットで形成される機械編みにはこの針立てによって様々な編み地が編む事ができます。   天竺を1段、4目編む針立ては下記の通りです。     針立ては、前後それぞれのベットで構成されいて、針と針の間をピッチと言います。一目ごとに前か後ろの針で編む(あるいは編まない)ことができます。   1×1リブの針立て 一番ベーシックなリブの種類...

手横と手横の製品について

「手横と手横の製品」について話したいと思います   手横とは「手動式横編機」の略で世界のニットの生産の9割(ほとんどが中国生)を作っていると言われています。手動によりキャリアを横に動かして編んで行く機械で、日本にも戦後、ニットの生産が始まり、手横によるニットの製造が増えた時期もありましたが、人件費がかかるのと工業用のニットマシーンの普及により今日では日本で量産のために使われている手横はほとんどありません。   手横はどのような編方が向いているのか   手横はリ天竺やリブ、畦など目を前後に移動しない編方に向いています。交差...