ニッティングバード

ニット専門のウェブマガジン

編物(ニット)の種類について

編物の種類について紹介したいと思います。

 

編物(ニット)と呼ばれるのは大きく分けて基本的な3つの編方、機械が存在します。

 

 

 

横編(横編機)

 

一般的にニットと言われている物で、1本の糸を左右に往復させループを作り編目を成形をする事ができる編方。多品種、小ロット、成形の商品に向いています。フルファッション編機などがあります。

 

 

 

 

 

経編(経編機)

 

何本もの縦糸を編針にかけ、縦方向に編目を成形することができる編方。縦方向に色やデザインを合わせる事ができて、丈夫で布帛に近い編地が出来上がります。ミッソーニが代表的な経編のニットの商品を多く作っています。編地は裁断をして使われます。トリコット編機、ラッシェル編機、ミラニーズ編機などがあります。

 

 

 

丸編(丸編機)

 

円筒状に編地が形成される編方。一般に言われる、ジャージーやカットソーの生地を指します。編地は裁断をして使われます。普段私たちが何気なく着ているTシャツも丸編を利用して編まれた「ニット」の一つです。

 

 

編機で有名な和歌山の島精機には「LAPIS」という経編と横編を同時に行なわれる機械が存在します。

また、一回の編み立てで、筒状に縫製箇所がなく製品を編み上げる「ホールガーメント」という機械も存在します。ホールガーメントについては後日詳しく紹介したいと思います。


関連性の高い記事