ニッティングバード

ニット専門のウェブマガジン

幸せな気持ちになれる糸・道具・コトを扱う毛糸店 MOORIT(ムーリット)

東京丸の内の商業施設KITTEの4Fにある毛糸店「moorit(ムーリット)」についてご紹介します。

内観3

ムーリットとは?

ムーリットは「大量生産ではできないけど、ていねいにつくられた編み心地のよい上質な糸や、編んでいる時間も身につけるときもうれしくなるようなキットやパターン、使い心地のよい道具を扱う東京・丸の内の毛糸店」です。

二子玉川にあるリネン専門店the linen bird(リネンバード)の毛糸店として、2013年9月に東京・二子玉川で活動をスタートしました。
2013年3月より現在の東京・丸の内のKITTEに移転しました。
購買年齢層は幅広く20代から60代以上の方も来られるそうです。その他、初心者も編み物上級者も楽しめるオリジナルキットやパターンのデザイン、ワークショップやレッスン、海外デザイナーによるパターンの翻訳、書籍の企画・制作など幅広い活動をしています。

内観1内観2

ムーリット取扱いの糸

イギリスはブラッカーヤーンズやウーリーバット、カナダのルエノースアメリカ、スウェーデンのウルセントラム、アメリカのブルースカイアルバカスなど肌触りと色味にこだわった珍しい糸ばかりです。

今回はスタッフの思い入れが強い3種類の糸をご紹介。

シラスデール
天然染料による糸をつくっているイギリス・スコットランドのメーカー「シラスデール」の糸です。
草木染とは違い、植物染め独特の発色の良い色合いが魅力的です。

手染め
ムーリットがディストリビューターもしているウルグアイの糸メーカー「マノスデルウルグアイ」。
女性支援のために国が運営している非営団体で、2009年にはWFTO(世界フェアトレード機関)のメンバーに。
1カセずつケトルを使い手で染められ、染めた村と人のサインが手書きで入っている特別な糸です。

アフリカ
南アフリカ産のメリノウールとモヘアを中心に作っているメーカー「カウガールブルース」。糸の色出しにこだわっているメーカーで、カラーバリエーションが魅力。

オリジナルのキットとパターン・オリジナルグッズの企画

ショール
キット
キット2

素材とデザインにこだわったキットはショールやニット帽、ソックスやミトンなどの小物を中心に、カーディガンやセーターもあります。
テキストスタイルの編み図のパターンとして買うことが出来るものもあります。写真は四角形が並んだ石の様な模様のスクエアーズショール。編み図の他に、文章でも説明しているのでとてもわかりやすいパターンになっています。

針セット。
上質な国産竹あみ針で有名な「近畿編針」製の針をセットにしたムーリットオリジナルのケースです。輪針はM・Lとサイズごとに分けてあり、その他にもかぎ針セットもあります。ミニサイズは携帯用のケースのみの販売です。

ムーリット出版の本

本
左から、
●手編みいとにまつわる本「こんな糸で編んでみたい」(グラフィック社)刊行
「ムーリット」初の著書。お店で取扱いの糸の魅力や、作り手の物語、編み物が楽しくなる提案をしている本。オリジナルニット作品10点の編み方付。

●パターンブック「編みたい糸で編みたいパターンMOORITのパターンブック」(グラフィック社)刊行
MOORIT初のパターンブック。編んでいて楽しく糸の魅力を最大限に引き出す作品が盛りだくさん。

●「これが編みたい≪棒針編みのビギナーズプロジェクト≫」
初心者向けの棒針編みの指南書として、思わず作りたくなる素敵な作品が写真と図解で丁寧に説明されています。

インターネットの普及と発展でなんでもワンクリックで買い物が出来てしまう世の中ですが、
「手編み」というアナログな行為に関わる、道具や糸メーカーをリスペクトして、人と人をつなぐようにお客様に魅力を伝えるムーリット。
店に入った瞬間から、ドキドキわくわくするような糸と作品に魅了されてしまう人も少なくないはずです。
東京駅から歩いて数分にある商業施設KITTEにあるムーリットに足を運んでみてはどうでしょうか。

MOORIT ムーリット

〒100-0005 
東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE 4F
tel:03-6256-0843
WEB:http://www.moorit.jp
営業時間:11:00~21:00(月~土)/11:00~20:00(日曜・祝日)


関連性の高い記事