ニッティングバード

ニット専門のウェブマガジン

オリジナルフェイクファー糸motto-もっと-

motto

オリジナルフェイクファー糸「motto-もっと-」

オリジナルフェイクファー糸「motto-もっと-」は「sotto-そっと-」を改良して、限界まで毛足を長くしたフェイクファー糸です。

深みと触り心地にこだわったレーヨン混の素材を、毛足幅約6cと広げることでよりボリューム感のあるファンシーヤーンに仕上がりました。

毛足が長くなり編みづらくはなりましたが、そのまま使っても存在感があり、カギ針でくさり編みするだけでも面白い表情が出ます。

編まずにそのまま使って欲しい素材

フェイクファー糸の中心は、リリヤンの糸を作る機械と同じように編まれていています。

毛足6cほどになると、とても編みづらく編み目一目一目がほとんど見えません。(フェイクファーの糸は毛足で目数段数は数えづらいです)

だからこそ現存の手芸業界にないのですが、ニッティングバードとしては、この長い毛足の糸を素材を生かしてそのまま使う提案をしたいと思います。

motto4
●編まなくてこのように、襟にリボンのようにつけてアレンジしてもこのボリュームと存在感が出ます。

motto3
●プレゼント包装用のラッピングテープとして使ってもとても可愛いです。

motto5
●ウィッグのような使い方でヘアアレンジの糸としても面白いです


カギ針で鎖編を編んでクシで梳かす

毛足が6cもあるので、編んでしまうとより肉厚になりますが、毛足が編み目にはさまってしまうので、100円均一などで販売している荒目のプラスチックのクシで梳かしてほぐしてあげると、ボリューム感が復活します。

棒針編みで編むとより編みづらいので、かぎ針でくさり編みや、違う素材に縁編みをするとよりコントラストが出ます。

motto2

カラバリエーションは3色

グレー、、ブラウン×ベージュ、ブラック×グリーンの三色展開です。

グレーは少しグリーンがかった深みのあるグレー。
motto6

茶系はブラウンとベージュがが混ざっています。
motto7

ブラックはグリーンが混じっています。
motto8

「motto-もっと-」はこれだけボリュームのあるファンシーヤーンなので手織りの一部に使っても面白そうです。

糸ではなくリボンテープやひもなどと一緒に引き揃えをしたら、また違った表情を楽しめると思います。

この糸の通販はproefのオンラインショップから⇒フェイクファー糸 / motto もっと 40g巻き


関連性の高い記事