ニッティングバード

ニット専門のウェブマガジン

川西阪急イベント「ザ・シーズン」と手編みのワークショップ

2018年9月19日から25日まで川西阪急1Fでのイベント「ザ・シーズン」でオリジナル毛糸の販売とワークショップを行います。

兵庫での糸の販売は去年KIITOで行なわれた素材博覧会以来ですが、ニッティングバードをまだ知らないお客様にお会いできることを楽しみにしていおります。

9月22日と23日の土日はワークショップも行いますので是非よろしくお願いします。

オリジナルリリアン「あのね」を使ったニット帽のワークショップ

 

ニッティングバードの代名詞的な二重構造のリリアン糸「あのね」。内側がポリエステル糸でふかふかしていて、外側が機械編みで薄手のセーターを編むのに使われる梳毛のウールを使用しています。触っている面はつるつるしたウール100%だけなのでとても触り心地が良く、内側に空間があることで軽さと温かさがあるとっても珍しい糸です。


15mmの針の輪針を使って、表目を2目裏目を2目を繰り返すだけ。比較的簡単なワークショップですが、表目と裏目の編み方がわからなくなってしまうという人はまずはアームニッティングのワークショップに参加しましょう。

糸の質がとても高いので、自分で作っても製品に近いクオリティで出来上がります。自分用にもプレゼント用にも。アームニッティングより難易度はちょっと上がりますが、表編みと裏編みを繰り返してまっすぐ編むだけなので、比較的簡単なワークショップです。1目1段が大きいのでサクサクっと編めますよ。


只今ホワイトが売り切れです。

ご予約はこちらの予約フォームよりお願いします。

所要時間 約120分

価格 ¥5000+税

所要時間 約120分

難易度⭐︎

日程

9月22日(土)
11:00~(残り2名)
16:00~(定員3名)

9月23日(日)
11:00~(残り1名)
16:00~(定員3名)

ご予約はこちらの予約フォームよりお願いします。

予約なし腕編み(アームニッティング)のワークショップ

今回、超極太のオリジナル毛糸「わくわく」を使って腕編み(アームニッティング)でマフラースヌードを作るWSは売り切れの糸色が多いため、予約なしでの参加のみになります。

「わくわく」は超極太のスライバー糸を加工してアームニッティングに最適の太さや軽さに仕上げています。
小学生低学年の子供たちも参加しましたが、大人より飲み込みが早く30分ほどでできてしまいました。
編み物全くの初心者、どっちかというと不器用という人もオススメのワークショップです。


関連性の高い記事