ニッティングバード

ニット専門のウェブマガジン

手編みキット:「なるほど」でつくるルームシューズ

ニッティングバードのオリジナル極太毛糸「なるほど」を使った かぎ針で編むルームシューズキットの 販売がはじまりました!

ワークショップでも人気のあるメニュー。細編みをメインに、くさり編み、引き抜き編み、3つの基本的な編み方だけで仕上げていくので、編み物が初めての方でも比較的容易につくることが出来ます。
なんだか複雑そうに見えますが、つま先部分から筒状にぐるぐると編んでいき、かかと、履き口のトリミング(仕上げ)まで 糸を切らずに続けて編みきるデザインになっています。なので、面倒な糸始末もはじめとおわりの2か所だけ。

1本の糸から立体ができる。ニット造形のたのしさを学んでいただけると嬉しいです!

あくまでも目安ですが、かぎ針に慣れている方で2時間ほど、編み物が初めての方で3時間半ほどで両足が完成します。

素材は ニッティングバードのオリジナル糸「なるほど」

「あのね」と同じように二重のリリアン構造になっていて、中身は編まれたワタ、外側には綿ナイロンのブークレ糸を使用した極太のリリアン糸です。
糸の太さも安定しているので編地の目面が整いやすく、太い糸なのにとても軽い!ブークレー糸の凹凸が自然と滑り止めにもなるので フローリングでも安全にお楽しみいただける、ルームシューズにぴったりの素材になっています。

「なるほど」はピンク、ネイビー、ベージュ、アイスグレー、チャコール、の5色展開です。

キットの内容は、
・なるほど200g(片足70~75gが目安です)
・ルームシューズのレシピ
 *かぎ針の有り無しは選べます

8ミリのジャンボ針を使用して、ざくざく編み進めていきます。コツは、糸を引っ張りすぎないこと。

リリアン糸は糸自体に伸縮性があり、引っ張ることで細く固くなってしまいます。ふっくらとした糸の風合いを活かせるように、やさしく編んでいきましょう。

ニッティングバードのオリジナル引き揃え糸「一期一会糸」を「なるほど」と引き揃えて編んでも素敵なルームシューズになりました(WSでのお客様の作品です)

糸の組み合わせや配色も、自由にアレンジしても楽しいです。

ルームシューズ自体にも伸縮性があるので、履くうちにレザーのように自分のサイズにフィットしてきます。
サイズの調整は、増減なしでまっすぐに編む部分で段数を増やしたり減らしたり。手加減にもよるのですが、1段で2㎝ほど調整ができます。解いてもすぐにやり直せるのがニットのいいところなので、進んだり戻ったり、様子を見ながら仕上げてみてください。

ご家族の分やギフトにも喜ばれています。足元をやさしく包んでくれるルームシューズ、使うたびにあたたかい気持ちがきっと伝わりますよ。

動画もぜひ参考にしてみてくださいね。

作り方動画はこちら

オンラインストアはこちら

Knittingbird/坂田

ニッティングバードはインスタグラム、ツイッター、フェイスブックもやっています!

◆インスタグラムは日々の活動風景やサンプルなどニッティングバードの裏側や編み物好きが楽しめるような写真を主に投稿しています

https://www.instagram.com/knittingbird_os/

◆ツイッターは機械編みや編み地など「ニットの豆知識」を中心に発信しています

https://twitter.com/knittingbird_os

◆フェイスブックはウェブマガジンの記事や補足した動画など編み物の可能性や楽しさを様々な角度で紹介しています

https://www.facebook.com/Knittingbird.jp/


関連性の高い記事