ニッティングバード

ニット専門のウェブマガジン

ぽわん / 経編ブレード 超々極太毛糸

全く新しいタイプの毛糸が新発売!

ブレードやリボンレースなどを作るために使用する編み機「経編機 (ラッセル)」をつかって、まるでヘアピンレースのような ループいっぱいの不思議な毛糸ができました。

2mあるブレードのような毛糸は、うで編みで鎖編みするだけでマフラーやスヌードなどがあっという間に完成します。

オンラインはこちらから→ぽわん / 経編ブレード 超々極太毛糸

ヘアピンレースのような形状なので、アルパカ混のふんわりとした糸の素材感がそのまま活きています。

モヘアは入っていないので、首元のアイテムでもちくちくしにくい優しい風合いになっています。

糸同士をつなげたりすることで、ブランケットやショール、ラグなど様々な作品を作ることができます。

そのままブレードのように縫い付けて装飾にしたり、ループをカットしてフリンジにしたり、アイデア次第でさまざまに活用できる素材だと思います。

ニットの可能性がより広がるのでは!という思いと共に、この毛糸が皆様のお手元に届いたら嬉しいです。

セーターなどを作る「横編み」、Tシャツやカットソーなどの生地を作る「丸編み」に比べて、「経編み(ラッセル)」はマイナーな機械(編み方)ですが。

縦方向に編んでいくので色数に制限がなかったり、ブレードレースのような編組織の多様性など様々な利点があります。

今回この糸の製作をお願いしたのは群馬県桐生にある、編みと織りの両方でユニークな生地を開発しているトシテックス という会社です。

今は少なくなったのこぎり屋根の素敵な工場でこの毛糸は作られています。

イタリア製の経編機(ラッセル)の中でも特殊なゲージレス(糸の太さに関係なく編める)編み機を使用して編まれています。

縦方向に編みながら、ほぼ最大幅で横に糸を渡しています。この糸渡りがヘアピンレースのようなループの連なりになり、他にはない不思議な糸が生まれました。
ふんわりと糸のボリュームが出るように極細糸をたくさん引き揃えて仕上げています。
横幅は全長で15cmほど。

ベビーアルパカとメリのウールをブレンドした、毛足と軽さのあるタムヤーン(モヘヤ 調)を使用。

ベビーアルパカなのでモヘヤ のように ‘ ちくちく ‘ することなく、しっとりとして空気が中にはっているような柔らかさあります。

色はグレー、ベージュ、チャコール、ミントの4色展開です。

ミント以外は2色の糸を合わせて濃淡が出るように仕上げています。
(グレーはLグレー×グレー。ベージュはクリーム×ベージュ。チャコールはDグレー×チャコール。ミントは単色のみ)

また、ミントと、ベージュのクリームの色以外はアルパカのナチュラル原毛を使っています。

毛糸は2mで販売となります。

両端のループが仮止めされた状態で、お畳みして配送させていただきます。

両端にあるチェーンステッチ(鎖編み)を解くことで毛束が出るような仕様になっています。解ける方向と解けない方向があるので、下げ札がついている側から解くことができますので鎖の向きをご確認ください。

この作業がすこしの手間ではありますが…汎用性が高く、綺麗な状態でお届けしたいのでこのような形を取らせていただきます。

また、解いてない状態でお届けすることにより、解きながら糸のループを繋げる際に ねじれることなく面を作ることができます。

2mの糸の両端のゴム糸をすべてを解いた後に、うで編みで鎖編みをするだけで、さらにボリュームがでてあっという間にミニマフラーが完成します。
お道具いらずなので、編み物の経験がない方もぜひ挑戦してみてくださいね。

端の始末と合わせて、インスタライブでワークショップを開催! 11月29日の14時〜を予定しています。

(出来上がりサイズ:50-60cm+結び紐が両端に20cm程)

アレンジは他にも。

片側のループをぎゅっととじるだけで、円のモチーフにもなります。
(約45cm使用しています)

もっとデザインを入れて大きくするのも素敵。

ループとループをつなげることでブランケットのように広げることもできます。

単調にまっすぐつないでみましたが、波打つようにつなげるのも表情がでていいですね。ヘアピースと同じ考え方で、いろいろと遊んでみてほしいです!

オンラインはこちらから→ぽわん / 経編ブレード 超々極太毛糸

動画はこちらから⬇︎


関連性の高い記事