ニッティングバード

ニット専門のウェブマガジン

ニットの三原組織について

横編での編地の種類で代表的なものが三原組織組織柄ジャカードの3つに分けられます。

 

今回は「三原組織」について説明したいと思います。

織の三原組織は平織、綾織、朱子織ですが、編(ニット)の三原組織は天竺、リブ、ガーターの3つが基本となります。三原組織は表目、裏目のみを使った編地です。

 

天竺について

天竺は平編やメリヤス編とも呼ばれ、縦、横方向とも同じ編組織が連なった編地で、使われことが最も多いベーシックな編地です。

編地の特徴としては表側にくるりとカールします。表と裏で見え方が違います。

表                 裏

 

 

リブについて

リブはゴム編とも呼ばれ、縦方向に編組織が連なっている編地です。リブには1×1リブ、2×2リブ、総針、畦、ミラノリブなどがあり、それぞれ見え方、伸縮率などが違ってきます。

下の写真は1×1リブで、1目ごとに表目と裏目が交互に編まれています。編地の特徴としては横方向に伸縮します。主な用途としては袖口、裾口の部分で使われます。表も裏も同じ見え方です。

表                 裏

 

 

ガーターについて

ガーターはパール編とも呼ばれ、横に編組織が連なっている編地で、1段ごとに表目と裏目が交互に編まれる編地です。編地の特徴としては縦方向に伸縮します。厚みが出やすい編地なので、主に前立てなどの付属に使われることが多いです。

注意点として、ガーターはローゲージで使用すると重みが出やすくなります。このため、重さにより編地が伸びてしまい、サイズが狂いやすくなります。表も裏も同じ見え方です。

表                 裏

 

 

 


関連性の高い記事