ニッティングバード

ニット専門のウェブマガジン

熊本県八代の雑貨店『KoKIN』

全国的にも有名なイグサや冬トマト、晩白柚などの特産があり、海、川、温泉や山など自然があふれる街「熊本県八代(やつしろ)市」。最近では「子育て支援」や「就農・創業」の支援に力を入れており、移住者も増えている魅力的な地域の一つです。今回はニッティングバードの糸をお取り扱いいただいている熊本県の八代市にある「KOKIN」のご紹介です。お店のコンセプトを教えてください。「地に足の着いた暮らしのスタイルを確立する」 -八代に住んでいて八代らしく、日本らしく今の生活スタイルの中でちょっとずつモノを取り入れてもらうというのを提案しています。八代は地方で、いい意味での...

ニッティングバードのワークショップ@西梅田 UNDER CARAVAN

3月23日から27日の5日間「西梅田 UNDER CARAVAN」に参加します。 「西梅田 UNDER CARAVAN」は西梅田地下1階歩行者道路のかつては噴水が流れていた待ち合わせスポットで開催される期間限定のポップアップイベントです。 ニッティングバードは春夏を中心とした「一期一会糸」などのオリジナル糸や、糸ガチャや糸チョコなども販売いたします。期間:2017年3月23日~27日 時間:11時~20時 場所:西梅田地下歩行者道路ガーデンアベニュー(ハービスプラザB1噴水前-西梅田駅(四つ橋線)北改札すぐ-阪神梅田駅西改札すぐ)一期一会糸は催事のみ...

あむかわアミーナ きれいに編む方法を解説 実践編 vol1

前回の「あみかわアミーナで学ぶ編み機のこと」ではあむかわアミーナの道具やパーツについて家庭用編み機と比較しながら解説していきました。今回は実際に稼動させてみて、より一層の理解を深めていきたいと思います。編めない理由を考察しながら実践編の基礎として、編みはじめ(作り目)と編み終わり(始末)の方法をたくさんご紹介していきます。編めない理由 編み機を動かして実践編に行く前に、「あむかわアミーナ」のレビューが何故悪いのか仮説を立てたいと思います。「あむかわアミーナ」は年齢制限や「かんたん!」とうたっているように、「編み機を知らない」「触ったことがない人」でも出来るように設計さ...

あむかわアミーナで学ぶ編み機のこと

以前の記事「編み機の歴史とこれから」でも少し紹介した初めての手芸を楽しく学ぶおもちゃのひとつとして、昨年11月にタカラトミーから発売された「あむかわアミーナ」プラスチック製のおもちゃでありながら、本格的な編み機の構造になっています。 amazonのレビューなどは評価が著しく悪いですが、何故そうなっているのか。果たして本当に使いづらいのか。私たちプロの目線から家庭用の編み機との比較も交えつつ、「あむかわアミーナ」を分析していきたいと思います。後日、ニットテキスタイルアーティスト/家庭用編み機研究家の宮田明日鹿さんにも、客観的に検証するために記事を執筆いただいているので、楽しみにお待...

すてきにハンドメイド2017年3月号

本日2017年2月21日発売の「すてきにハンドメイド2017年3月号」ニッティングバードの田沼の「ザクザク編みのルームシューズ」作品が載っています。ザクザク編みのルームシューズ 今回は極太糸を使い「細編み」、「バック細編み」と「引き抜き編み」の基礎的な編み方でルームシューズを編んでいきます。 足の底部分の「細編み」「バック細編み」の回数を調整するだけで子供から~大人の男性サイズにあった大きさに調整できますので家族みんなの分も作ってみてもいいかもですね。使用している糸 「DMC Hoooked RIBBONXLフックドゥ リボンXL」を使って基本作品を「ダルマ糸 夢色木...

強撚糸の世界

手編みではあまり聞くことのない「強撚糸(きょうねんし)」ですが、「機械編み」や「織物」の世界ではよく使われます。編み立てをしてスワッチを作ってゲージを取ってから→サイズ通りぴったりと作るのが普通の作り方ですが、「強撚糸」は狙って作ることが難しく、半分偶発的にデザインをすることが出来るのが特徴です。「意図的なもの」と「偶発的なもの」両方を知ることで「ニットのデザイン」の幅が広がります。強撚糸ってなに? まず「撚糸」についてわからない方は過去記事→「撚糸について」を参照してから続きを読むと理解しやすくなります。強撚糸は糸に必要な撚り(ねじり)を、S方向もしくはZ方...

大切な人の形見のセーターの編み直しを巡る旅

ある時、千葉県在住のMさんから「ニットのお修理をして欲しい」とのお問い合わせが来ました。私たちニッティングバードは手編みから機械編みもやります、また糸からデザインをして製品を作ることも出来ます。しかし、ニットのプロであるとはいえ「お修理」とはなると話は別です。本業ではありませんが、ほとんどのお修理屋さんで断わられてニッティングバードにご依頼がきました。私たちがやらなければおそらくはこれは誰も出来ないだろうという理由と「ニットで世界をやさしく」というコンセプトを掲げている身として引き受けさせていただきました。ここからお修理の旅が始まります。...

アームニッティング 編み方の基本と応用 

アームニッティング(腕編み)は道具を一切使わず、糸と左右の腕全体を使ってスポーツのように編み進めていく「編み物」です。アームニッティングは超極太の糸で編むので、1目1段が速く初心者も始めやすいという側面もあれば、編み目が大きいということもあり「編み物経験者」が再度「編み構造を理解」することもできると思います。今回は「アームニッティングの基本と応用」として、初心者にも始めやすい編み方や、編み物を普段やっている人も応用や編み構造の確認ができるように写真と動画でまとめました。記事と一緒に動画を見ていただけたらより理解を深めていただけると思います。手編みとの違い...

ニッティングバードインターン募集

明けましておめでとうございます。 旧年中はいろいろとお世話になりました。 本年は酉年とのことでますます羽ばたいて行きたいと思いますのでよろしくお願い申し上げます。ニッティングバードでは2017年3月よりインターンを募集します。 応募締め切りは1月末まで。 募集要項・デザイン・企画業務(1名) ニッティングバードの糸や製品の製作アシスタント。 編み物経験者。ある程度棒針編みやかぎ針編みが出来る人。 布帛しか勉強していない人や、ニットの知識がない人でも、手先の器用さを重視します。・メディア企画・コンテンツ制作業務(1名) ニッティングバードが運営するウェ...

家庭用編み機の歴史とこれから

今回の記事はニット、テキスタイルアーティスト/家庭用編み機研究家の宮田明日鹿さんと一緒に「編み機についてもっと知ってもらいたい、編み機を復活させたい」と話していたことから協力して記事を書いてもらい、最後に私たちニッティングバードが編集に携わりました。宮田さんは家庭用編み機を使い始めてはや5年。編み機の歴史や新しい変化、どんな過去があって今はどんな状況なのか、時代とともに変化する家庭用編み機の楽しみ方を研究家としての目線も含めご紹介して行きます。●家庭用編み機ってなに? みなさん家庭用編み機をご存知ですか?家庭用横編み機は略して「家庭機」と呼ばれています。 祖母や母親が使っていて...

未来の編み物を考える「ゲーム編」

「編み物」はいつまでもアナログなもので、様々な分野でデジタル化が進む中、必ず残る文化だと思います。また、それと同時に新しいテクノロジーと編み物が合わさったらもっと「編み物業界」が盛り上がり編み物を始める人が増えるのではないのかなという仮説をもとに、ニッティングバードが考える「未来の編み物ーゲーム編ー」として「VRニッティング」を考えてみました。VR ニッティングとは?VRはヴァーチャルリアリティの略で、ヘッドセットを装着することでよりリアルな画質と360度全方向で3D空間が楽しめるシステムのことです。 2016年10月にソニーが発表したプレイステーションVRは記憶...