ニッティングバード

ニット専門のウェブマガジン

「KNITOLOGYが編み出す未来-デザイナー鬼久保綾子さんインタビュー」

 以前にも一度取材させていただいた、ニットプロダクトブランドKNITOLOGY(ニットロジー)。 女性の体を美しく見せるシルエットを追求したワークウエアとしてのニット製品を、工業用編み機の技術を駆使して編み立てていく、こだわりの製品作りをしています。以前の記事には、そんなKNITOLOGYの製品に関する取材をさせていただきました。(詳しくは「究極のワークコート KNITOLOGY(ニットロジー)」をご参照ください。)  この度ついに東京の自社内にドイツ製STOLL社の工業用編み機を導入したと伺い、デザイナーの鬼久保綾子さんに今後のブランドの展望なども含め、再びインタビューをさせていた...

手織りのスペシャリスト、天然素材のオリジナル糸専門店「東京アートセンター」

東京アートセンターとは?『東京アートセンター』は創業42周年(2017年現在)迎える、東京都銀座に店舗を構える「オリジナル糸専門店」です。天然素材のみを取り扱いをして手織り専門とする傍ら、一部手編みなどにまつわる材料や道具の企画・制作・販売をしています。今回は取材を受けていただきありがとうございます。東京のニットの専門学校に通っている時に何度か糸を購入させいただいていました。普通の手芸店にない糸があり前々からご紹介したいなと思っていました。東京アートセンターはどんな方が来られますか? -服飾専門学校の学生さんや手織りを趣味とする主婦の方、それからテキスタイ...

普段「編み物」で使っている糸は何の動物の毛から? 獣毛繊維に学ぶ、種類と特性

一部の子どもが「魚は切り身のまま泳いでいる」と思っているような都市伝説を聞いたことありますか? これはあながち嘘でもなく、魚がどのような形をしていて泳いでいるのか知る機会がない子ども達も少なからずいるということです。 ましてや大人の私たちも、鳥や豚や牛などの切り身のお肉も経験則で学びます。しかしながら、お刺身の盛り合わせを食べる時に、これはどの魚なのかパッと答えれる人は少ないでしょう。普段着ている服や編み物や織り物に使っている糸がどんな『動物の毛』を使っているのか改めて考えてみると、感謝の気持ちとともに、モノを作ることに対して一段と身が引き締まるのではないのでしょうか。今回...

オリジナル糸「Yappari-やっぱり-」新発売

ニッティングバードのオリジナル糸から新作の春夏糸「Yappari-やっぱり-」が新発売されました。 この糸を使って、皆様のこの夏の「編み物ライフ」が充実したらと思っています。 オンラインストアでも発売開始しています。→オンラインストアはこちらからオリジナル糸「Yappari-やっぱり-」 ニッティングバードから春夏素材の新作糸が出ました。春夏コットンブークレー糸「なるほど」(綿70%/ナイロン30%)とは違いコットン100%のストレートヤーンを使って、より密度を詰めて上質なコットンを編んで高級感のある糸に仕上げました。「なるほど」より細番手の糸なので棒針では約12...

家庭機で編むユニークなグラフィックニット、『編み物☆堀ノ内』さんインタビュー 

今回は狂い編みサンダーニットこと「編み物☆堀ノ内」として家庭用編み機でユーモア溢れる編み物作品を作っている、堀ノ内達也さんにお話を伺ってきました。  堀ノ内さんは桑沢デザイン研究所卒、グラフィックデザイナーを生業としながら、3〜4年前から編み物で作品を作り始めたそうです。松田聖子や王貞治など時代を象徴する人の顔などをモチーフにしたインパクトのあるセーターを中心に一点ものの編み物作品を製作しているだけでなく、昨今では岡村靖幸さんのツアーグッズのセーターをコラボレーションで作るなど活動の幅を広げています。  昔からファンの岡村靖幸さんの公式twitterで堀ノ内さんの作品と...

素材博覧会@KIITO

2017年7月14日(金)〜16日(日)に開催される「素材博覧会」に参加します。 今まで実店舗を持たず、百貨店の催事やオンラインショップのみでオリジナル糸の販売を続けて来ましたが、 一般の方が来場できる展示・即売会に初出店なので楽しみです。素材博覧会って何? 素材博覧会は「ジャパンビーズソサエティ」が主宰する、一般の方が参加でき、手芸・ハンドメイドを楽しむための様々な素材を見ることができる展示・即売会です。糸・布・革・ガラス・石・樹脂・メタル・陶・木・紙など素材の種類は幅広く、見たことのない新しい素材に出会えるかも。「ジャパンビーズソサエティ」は2006年より、イベン...

KNIT PARTY vol.1

実店舗のないKnittingbird。毛糸を実際に触れて見てみたい! とのお声にお答えすべく、アトリエを開放し、直接ご覧いただけるイベントを開催いたします! 同時に 「ニットパーティ」として、みんなで編み物を楽しめる日にしたいと思っています。ニットな1日を、わたし達と一緒に過ごしませんか?みんなで編もう、KNIT PARTY!みなさま、どのようなニットライフをお過ごしですか? 普段はひとりでコツコツ・・・という方が多いのではないでしょうか。「編む」時間を誰かと共にすることで、より良い 相乗効果が生まれたらいいなあと思っています。 一...

ジャカードとインターシャ

手編みでも機械編みでもよく使う編み込み模様の「ジャカード」や「インターシャ」という専門用語は知っていますか?名前の意味だけでなく、それぞれの編み地の厚みや、編み方の特性を掴むことで「ニットデザイナー」も「編み物をしている人も」よりデザインの幅を広げられます。今回はジャカードの種類からインターシャとの違いを丁寧に説明していきます。*ジャガードと間違って呼ばれますが正式名称はジャカードです。これはRadioがレディオでなくラジオと日本語として呼びやすいように変形して言ったのと同じ理由だと推測しています。●シングルジャカード● 手編み○家庭機○手横△工業機○...

スマイルニット倶楽部『ニット男子部』

World Wide Knit in Public Day(ワールド・ワイド・ニット・イン・パブリック・デイ)って知っていますか? 略してWWKIPDAYは2005年からDanielle Landesさんによって始まった、公共の場で編み物を楽しむ日。この日は世界中の至るところで、編み物イベントが開かれ、『編み物』を通して交流の場が開かれています。 今回は「スマイルニット倶楽部ニット男子部」が主催するKIPイベントにお邪魔してきました。 普段から屋外で編み物をする「ニットアウト」などパブリックスペースで編み物をしているニット男子部の始まったきっかけや、編み物に対する想いなど共有してきました...

暮らしを編もう – ファサード展示&ワークショップ開催 @積水ハウス 住ムフムラボ

うめきた・グランフロント大阪 北館ナレッジキャピタル4Fにある「住ムフムラボ」にて、Knittingbirdオリジナル糸を使用した展示が6/20(火)から始まりました。 新作の糸「やっぱり」をメインに使用し、様々なフラワーベースカバー、プラントハンガーを制作・展示しています。暮らし×編み物 のコラボレーションで生まれたインテリアたちが、「住ムフムラボ」の入り口を鮮やかに彩っています。インテリアとしての糸の使用方法や、植物のコーディネートも参考になるのではないでしょうか。1ヶ月ほど 期間展示されているので、梅田エリアに足を運んだ際は、ぜひお立ち寄りくだ...

ニッティングマシーンをハック!!『グリッチニット』

編み物はいつまでもアナログなものではなく日々何かしらの進化しています。 もう廃盤になってしまった日本製のブラザー社やシルバー精工の編み機、は今でも海外では根強い人気でオークションサイト上では高値で取引されています。過去の記事「家庭用編み機の歴史とこれから」でも少し紹介しましたが、2010年に家庭用電子編み機がパソコンから編み機へ柄データを読み込ませる改造(ハック)がアメリカで行われ、Youtubeで改造した動画が公開され、エレクトロニックニッティングマシーン(家庭用電子編み機)の新しい可能性が出てきました。世界には多くの電子編み機が輸出された背景もあり、デジタルファブリケーションとしての可能...