ニッティングバード

ニット専門のウェブマガジン

ROOM BLOOMのショールームで指編みラグマットをつくろう!

「編み物」をしているとついつい身の回りのモノを「編み物」でいっぱいにさせたくなります。それは「編み物」のフォルムと触り心地が独特で、自分でつくったモノに愛着が湧くのではないからではないでしょうか?今回ニッティングバードでは大阪・谷町の鎗屋町にオープンしたペイントブランド「ROOMBLOOM」期間限定ショールームをお借りして様々なインテリアをつくってみました。「編み物」の楽しいところは、比較的簡単に椅子やテーブルを編めてしまうところ。普段使っている洋服やアクセサリー小物で使う糸でも、椅子などを包むように編めばクッション性も加わり雰囲気が...

「DOKI DOKI」ラグのワークショップ / proefニットプロジェクトAMOニット帽のワークショップ

7月16日17日に多分絶対の素材の料理屋@大阪play中津にてニットのワークショプを開催します。オリジナル裂き糸「DOKI DOKI」を使った指編みラグ織生地の房耳を使った綿100%は裂き編み糸で指編みを使って誰でも1時間~1時間半くらいで作れる簡単なラグをつくります。 1カセで約縦32c×横55cのラグが作れます。(直径約45cの円も可能)大きさは相談可。 編み物初心者の方も丁寧に指導いたしますのでこぞってご参加ください。価格 材料代含む3500円(税抜)色は生成り1色のみ *サイズを大きくしたい方は+α材料費2016年7月16...

オリジナルフェイクファー糸motto-もっと-

オリジナルフェイクファー糸「motto-もっと-」オリジナルフェイクファー糸「motto-もっと-」は「sotto-そっと-」を改良して、限界まで毛足を長くしたフェイクファー糸です。深みと触り心地にこだわったレーヨン混の素材を、毛足幅約6cと広げることでよりボリューム感のあるファンシーヤーンに仕上がりました。毛足が長くなり編みづらくはなりましたが、そのまま使っても存在感があり、カギ針でくさり編みするだけでも面白い表情が出ます。編まずにそのまま使って欲しい素材 フェイクファー糸の中心は、リリヤンの糸を作る機械と同じように編まれていています。毛...

オリジナルリリアン糸Naruhodo~なるほど~

オリジナルリリアンAnone-あのね-の春夏糸が出ました。Naruhodo-なるほど-はウールの二重構造リリアンの「Anone-あのね-」の春夏verです。「あのね」と同じように上質な糸を機械で筒状に編み、中綿をいれて作った軽くて太い糸です。外側にリリアンでは珍しい綿のブークレー糸を使い、春夏仕様に。「あのね」は直径約1センチ程の糸幅ですが、「なるほど」は直径約0.6センチ程の糸幅になり、棒針・かぎ針ともに7~10ミリの号数で編めるのでさらに編みやすくなりました。このような構造の糸をさらに手編みで編むことによりこのような特色が生まれます。...

和紙素材で編む夏の編み物①

めっきり暑くなり、ウールなどの糸は触りたくないと思っている人は多いのではないでしょうか。 編み物=冬のイメージだと思いますが、編み物は綿や麻などの春夏糸でも編むことが出来ます。 今の季節にでも編みたくなる「夏の編み物」をご紹介します。Leafy-リーフィ-今回はパピー毛糸の「Leafy-リーフィ-」を使ってトートバックをつくりました。 針葉樹パルプの和紙を使ったの合太の糸で、単色も段染め薄く光に透けてとてもキレイ。とても軽く、涼しそうな素材ですので鞄や帽子、コースターなどを作ってみてはどうでしょう。かぎ針で簡単に編めるトートバック ...

手編みの種類と道具について

手編みの種類と道具について‘手編み’と一口に言っても、実はさまざまな種類があります。 今回は、メジャーな手編みの手法からちょっぴりマイナーなものまで、手編みの種類について、使用する道具や特徴などをご紹介します。棒針編み使用する道具:棒針 先端がゆるやかに尖った棒状の編み針を2本使用します。編み棒ともいいます。 素材は竹、プラスチック、軽金属などがあります。滑りが良く 静電気も起こりにくい竹製がおすすめです。 針の太さは号数で表し、日本の規格では数字が大きいほど太くなっています。糸の太さや仕上げたい風合いによって使用する棒針の号数を選びます。...

裂き編み糸 DOKI DOKIのワークショップ / Back Ground Festa @阪神梅田本店 8F

2016年6月1日~6日まで梅田阪神百貨店本店にて行われる、『BACK GRAOUND Festa vol.1ーモノをツクルというコトー』にて裂き編み糸DOKI DOKIで作る指編みラグのワークショップをします。裂き編み糸DOKI DOKIとは?生地を裂いて、手織りや手編み用に使う糸を裂き編み(織り)糸と言います。 生地の裂き方は様々ですが、普通の裂き編み(織り)用の糸は生地に対してバイアス(斜め45°)でカットします。 バイアスでカットすることによりほつれ辛く、生地の特性を生かした柔らかい糸として使用することが出来ます。 このカットした生地を何本も用意して、ハタ...

新しいニットの素材展/1st Knit Material Fair in Yamanashi

これもニット?あれもニット?以前’ニット業界の縁の下の力持ち’としてご紹介した「ニットマテリアル」が 2016年6月3日~4日にニットの素材展「1st Knit Material Fair in Yamanashi」を開催します。ニットの糸と・後加工をメインにした素材展で今回は、紡績メーカー・撚糸メーカーの他に、染色、洗い加工、プリーツ加工等などの後加工業者も多数出展。チーゼル起毛のコーナーや接結編み(接結糸)のコーナーなども展示し、「後加工」だけでここまで風合いや、見た目が変わるのかというのが学ぶことが出来ます。ニット業界としても、関東近郊(東日本)の地...

幸せな気持ちになれる糸・道具・コトを扱う毛糸店 MOORIT(ムーリット)

東京丸の内の商業施設KITTEの4Fにある毛糸店「moorit(ムーリット)」についてご紹介します。ムーリットとは?ムーリットは「大量生産ではできないけど、ていねいにつくられた編み心地のよい上質な糸や、編んでいる時間も身につけるときもうれしくなるようなキットやパターン、使い心地のよい道具を扱う東京・丸の内の毛糸店」です。二子玉川にあるリネン専門店the linen bird(リネンバード)の毛糸店として、2013年9月に東京・二子玉川で活動をスタートしました。 2013年3月より現在の東京・丸の内のKITTEに移転しました。 購買年齢層は幅広く20代から60代以...

ニットスニーカーの進化 アディダス編

今回は「ニットスニーカーの進化 アディダス編」について話します。前回の「ニットスニーカーの進化 ナイキ編」を読むとさらに理解が深まります。addidas original Tubular Doom Primeknit Reflections Packaddidas original(アディダスオリジナル)のTubular Doom PK(チュブラードゥームPK)を紹介します。90年代のランニングテクノロジーとタイヤのチューブから着想を得て開発されたチュブラー。今年に入りアディダスはDoom(ドゥーム) 、Defiant(デファイアント)、X(エックス)、...

禅ニッティング- 編み物がもらたす効果とは?

編み物がもたらす効果「編み物」をしている時「心が落ち着いている気がする」と感じている人は多いのではないでしょうか。無心になって編んでいるといろんな事をリセットすることが出来て、頭がすっきりします。編み物や手芸など手を動かしてモノを作る行為全般は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)やうつ病、認知症予防になるという研究報告があります。アメリカ合衆国のケーブルテレビCNNによると、「編み物」は「自然の抗うつ薬」という名前をつけられ、脳内から「楽しみ、至福感、幸福感」などを感じさせてくれる神経伝達物質ドーパミンが増えると報告されています。また、英...