ニッティングバード

ニット専門のウェブマガジン

未来の編み物を考える「ゲーム編」

「編み物」はいつまでもアナログなもので、様々な分野でデジタル化が進む中、必ず残る文化だと思います。また、それと同時に新しいテクノロジーと編み物が合わさったらもっと「編み物業界」が盛り上がり編み物を始める人が増えるのではないのかなという仮説をもとに、ニッティングバードが考える「未来の編み物ーゲーム編ー」として「VRニッティング」を考えてみました。VR ニッティングとは?VRはヴァーチャルリアリティの略で、ヘッドセットを装着することでよりリアルな画質と360度全方向で3D空間が楽しめるシステムのことです。 2016年10月にソニーが発表したプレイステーションVRは記憶...

ニッティングバードのワークショップ@阪神百貨店梅田本店2F

2016年12月7日(水)から13日(火)まで 阪神百貨店梅田本店2F「素敵な北欧の暮らし」のというスペースにてニッティングバードが催事に参加いたします。 今回はインテリアを中心に生活雑貨や暮らしをベースにしたアイテムなどの商品とワークショップなど盛りだくさんの内容になっています。 中でも、プラントハンガーやプラントカバー、コップカバーなどは今回の催事での初めてのお披露目です。 他にもオリジナル糸の販売や、手編みや家庭用編み機で編んだニット製品、糸のガチャガチャなども販売いたします。 1週間丸々ワークショップを開催しますので是非予約してお越しください。プラントハンガー...

proefのニットプロジェクトAMOのワークシップ@NEWOLD STOCK TOKYO(蔵前)

2016年12月3日(土)~4日(日)「proef」のニットプロジェクト「AMO」のワークショップを東京は蔵前の「NEWOLD STOCK」にて開催致します。去年に行った月島のセコリ荘以来のワークショップですが、今年は蔵前のNEWOLD STOCKにて行います。スカイツリーと隅田川が望める空間で、"編み物を編む"というゆったりとした時を過ごしてみませんか?クリスマスに向けて、大切な方へのプレゼントにもおすすめです。ワークショップ内容今回は、ニッティングバードのオリジナルダブルリリアンAnone-あのね-を使ったスヌード・ニット帽のワークショッ...

オリジナルダブルリリアン「Anone(あのね)」

オリジナルダブルリリアンAnone-あのね-Anone-あのね-は「あのね」は直径約1センチ程の糸幅の二重構造リリアンです。外側は高級なセーターを作る際に使用する上質な糸を、内側はポリエステルの糸を同時に筒状に編み『二重構造のリリアン』として作った軽くて太いまったく新しいタイプの糸です。和製英語『リリアン』とは?元は京都の職人が糸そのものをメリヤス編み(表天竺)したアメリカの製品をレーヨン繊維で再現したことが始まりです。 そのレーヨン繊維を編んだ糸を、「百合印」という名前の商標で販売し海外では「リリーヤーン(Lily-Yarn)」の名前で呼ばれまし...

WAKUWAKUを使った腕編み(アームニッティング)のワークショップ@Kukkia大阪(終了)

オリジナルスライバー糸WAKUWAKUを使った腕編み(アームニッティング)のワークショップ@Kukkia大阪2016年11月19日20日に大阪は靭本町にあるKukkia(クキア)でアームニッティングのワークショップをします。Kukkia(クキア)は世界中のこどもとその家族が笑顔になる 木のおもちゃブランド「gg*(ジジ)」と「kiko+(キコ)」を プロデュースしています。うつぼ公園に隣接するショップはkidsスペースもあり子供服・ファッション雑貨などもセレクトしています。 オリジナルスライバーヤーン「WAKUWAKU」を使ってマフラーやスヌードを...

ホールガーメントについて

ホールガーメントとは?従来のセーターは前身頃、後ろ身頃、両袖、襟の5パーツに編んだパーツを縫製してセーターの形を作っています。1回の編み立てで、縫製箇所がなく製品が編み上がる事を無縫製と呼びます。島精機製作所では、筒型に編成している事から無法製で編める編み機自体の名前とその編み機で編まれた製品を「ホールガーメント」と呼んでいます。 「ホールガーメント」及び「WHOLEGARMENT」は株式会社島精機製作所の登録商標です。1995年に7GG天竺ホールガーメント機が、1999年には12GGリブホールガーメント機が発売されました。 年々技術が向上しスピードもが上...

エクストリームニッティングのお話 Vol.1

皆さん「エクストリームスポーツ」はご存知ですか?「Exstream(過激な)」+「Sports」が合わさった言葉で、スカイダイビングやロッククライミング、サーフィン、スノーボードなどもエクストリームスポーツに分類されます。音楽やファッションなどのジャンルとの結びつきも強く、ただ単純に過激で危険な場所で行うスポーツではなく、勝ち負けを競ったりしないものも沢山あります。個性の象徴と精神的な至福感、幸福感を得られるモノとして欧米ではカルチャーの一つとして紹介されています。エクストリームニッティングとは?最近ではソチ五輪のスノーボード男子スロープスタイルでフ...

アームニッティング専用 オリジナル超極太毛糸 「WAKUWAKU」(ワクワク)

アームニッティング専用 オリジナル超極太毛糸 「WAKUWAKU」(ワクワク))が出来るまで①原料について 羊毛フェルトでお馴染みの糸の元となる原料の束は、「スライバー」と呼ばれています。ワクワクで使われている「南米ウール原料」は、羊たちの生息する環境により毛のクリンプ(ちぢれ)が強く空気を含む為、保温性があり潰れにくいウールです。また厳選した原料選別から白度もあります。(羊毛は白以外にも、黄色や灰色など混ざった毛を持つ羊もいる中、白い原毛を選別しています。色が入った原毛は他の色に染めるために一度ブリーチをして色を抜く加工をしますが、そのような加工は一切していません。...

伸縮式両かぎアフガン「メイビ針」

●メイビ針とは?●「メイビ針」は堀江明美さんが考案した、左右の針が異なる大きさの伸縮式両かぎ(ダブルフック)アフガン針です。 メイビ針で編むことを「メイビ編み」と呼び、棒編み・カギ針編み・アフガン編みに含まれない新しい編み方の一つとして提案されています。「メイビ針」は実用新案を取得した針の一つとして注目されています。●メイビ針の特徴●写真上がメイビ針で下が両かぎアフガン針です。 メイビ針は両フックアフガンと同じで棒針とかぎ針を合体させたような独特な針に、両端にフックを備えていますので1本の針で輪編みをすることも出来ます。普通の両かぎアフガン針とは違い、左右の...

ナイキテックニットウィンドランナー~横編ニットのスポーツウェア~

スポーツ製品に横編ニットの成形とリンキング今回は「Nike Tech Knit Windrunner-ナイキテックニットウィンドランナー」をご紹介します。「NIKE TECH KNIT-ナイキテックニット-」は新素材の糸を使用し、通気性と保温性を兼ね備えた、機能性とデザイン性を融合させた革新的な横編みニットの製品です。ナイキのデザイナーを筆頭に、糸の専門家、プログラマー、技術者が集結して新しい世代に向けたテクニカルなニットウエアの開発に力をいれています。ナイキテックニットは、14時間以上の動作においても保温性と通気性の両方を確保し、機能性だけでなく着用時の美しさ...

Let’s AMO! proefニットのワークショップ@HOSHI-JIRUSHI(ススマルシェ)

proef(プロエフ)のニットプロジェクト「AMO(アモ)」の手編みのニットワークショップを2016年10月1日(土)10月2日(日)にススマルシェで行いました。「AMO(アモ)」とは「編み物をする楽しさ、ニット製品を身につける楽しさの距離をより近づける事」を目的としたプロジェクトです。ワークショップのレビュー 中津ススマルシェのワークショップに参加していただきありがとうございました。今回も楽しい出会いがあり、茨城県から来ていただいた方や、小学生の子供たちも楽しく編み物していました。1/0.08番手という超極太のスライバー糸「WAKU WAKU」を...